大人ニキビの治し方

大人ニキビの治し方

 

鏡を覗いたとき、一つでもニキビがあると外出するのにも億劫になりますね。
ニキビを隠したくて上からメイクを重ねるとさらに悪化した、ということもよくあるでしょう。
一体なぜニキビはできるのでしょうか。

 

アクネ菌はニキビの大敵としても有名ですが一度は耳にしたことがあるかもしれません。
実はこのアクネ菌ですが、皮膚常在菌という私たちの体に存在している細菌の一種という
ことはあまり知られていない事実です。

 

その中でも皮脂が多く集まる箇所に存在し、
毛穴から老廃物や皮脂がきちんと排泄されないままでいるとあっという間に増殖します。

 

思春期から20歳前後までは皮脂分泌が最も多い時期ですが、
皮膚にアクネ菌が増殖しやすい環境に置かれているためニキビができやすくなってしまうのです。

 

また、ニキビは皮脂腺が存在している箇所にはどこでもできる可能性があります。
人体で最も皮脂腺が発達しているのが頭と顔ですが、
言い換えればニキビがたくさんできてしまう場所でもあるということになります。

 

 

例えば首から下は綺麗なのに、顔にだけたくさんのニキビができてしまう人がいるのはこのためです。
頭部においては毛髪で隠れていてほとんど見えないということもあり、
顔ほど神経質になっていない人も多いかもしれませんが、
皮脂やシャンプー、ほこりなどが適切に排出されずに毛穴に蓄積されていけば、
痛みのあるニキビができてしまう可能性もあります。

 

皮脂分泌が活発になる条件に、男女に関わらず男性ホルモンの一種であるテストステロンという
ホルモンの分泌が活発になることが挙げられますが、思春期以降にニキビが出続けている人は、
血中における男性ホルモンの割合が多い可能性があるでしょう。

 

 

女性の場合は月経周期において、ホルモンバランスが大きく乱れる生理前後に
卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが崩れるとニキビができやすくなる特徴があります。

 

それ以外にも、ストレスや乱れた食生活、乾燥、洗顔不足や洗顔過剰で水分と油分が
極端に傾くことなど、さまざまな要因によって毛穴に皮脂が詰まるため、ニキビの原因となってしまうのです。


このページの先頭へ戻る